より最高な結婚式を目指すなら演出に重点を置くことが大切です

結婚式に相応しい

自分らしいハワイアンジュエリーを

海外旅行の行き先で常に上位に入るハワイ。 海外ウエディングの場所でも大変人気があります。 そのハワイで生まれたハワイアンジュエリーで婚約指輪や結婚指輪を作るカップルもたくさんいます。 20年程前にサーファーの間からブームになったハワイアンジュエリーですが、シルバーのものから大変高価なダイヤモンドがついたものまでいろんな種類があります。 日本で結婚指輪といえばシンプルなプラチナのものが思い浮かびますが、ハワイアンジュエリーとなるとデザインもさまざまで自分の思い通りの結婚指輪を作ることが出来ます。 しかしハワイアンジュエリーの主流はシルバーや10金、14金でそれ以上の純度のゴールドやプラチナとなると土台はアメリカ本土からの取り寄せとなるそうです。

購入から納品までの流れ

結婚式に間に合わないということがないようにハワイアンジュエリーで結婚指輪を作る場合は購入から納品まで余裕を持って注文することが重要となります。 先ほどありましたが、ハワイには純度の高いゴールドやプラチナというものがなかなかないそうで、日本人が好む結婚指輪の素材を手に入れるまでに時間がかかるのです。 アメリカ本土からハワイへ素材を送り、そこからハワイアンジュエリーとして加工され日本へ配送となると早くても1か月はかかってしまいます。 オリジナルの彫刻をしてもらったりイニシャルなどを彫ってもらう場合は余裕を持っておかないと結婚式に間に合わないといったトラブルにもなりかねません。 自分らしい結婚指輪のオーダーには十分な時間をかけて一生の思い出に残るような物にしたいですね。